目論見 意味。 「目論見」の意味と使い方!「企み」との違いは?【例文つき】|語彙力.com

目論見書とは|金融経済用語集

意味 目論見

👆 参考:『大辞泉』 2)動詞「目論む」の連用形「目論み」を名詞化したものが 「目論見」である。 「目論見書」には、 「投資信託の目的と投資対象・決算と分配金・リスク・運用実績・申込方法・手数料」などの情報が詳しく書かれています。 これは、何かを実行して達成するため、思考を巡らせて計画をするような状態や様子のことを意味します。

5

「目論見(もくろみ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

意味 目論見

🤲 「目論見書」と 「運用報告書」の違いを、分かりやすく説明します。 ですから、「部長の企み通り今日の契約はうまくいきましたね!」などと言ってしまうとちょっとおかしなことになりますね(笑)。 参考:『大辞泉』 2)動詞「目論む」の連用形「目論み」を名詞化したものが 「目論見」である。

15

「目論見」の意味と使い方・例文・語源・類語・企みとの違い

意味 目論見

🤣 どちらかといえば計画性があって良い意味合いで使うことのほうが多い表現です。

「目論見(もくろみ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

意味 目論見

🤟 「つま立つ」「待ち望む」という意味も含まれています。

目論見書とは

意味 目論見

⚒ 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 企みとは、計算高いことや悪だくみという印象が定着しているので、仮にビジネスシーンでは使わないほうが無難だとされています。 そのため、勝利するためには、『もくろむ(=目を読む)』行為は必要不可欠になるわけです。

4

「目論見」の由来や意味とは?語源から知る事で使い方を習得しよう

意味 目論見

🤞 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。